ボツリヌス毒素を有効活用|ボトックス注射の美肌効果を実感

笑顔の女性

プチ整形の頼れる万能選手

注射

ボトックス注射には幅広い施術に利用でき、しかも手軽で身体に負担をかけることがないという特徴があります。ボトックス注射は筋肉の働きを抑えることでシワを目立たなくしたりするのですが、この筋肉の働きを抑えるという点を利用して、小顔効果や脚痩せなど、様々な施術に応用することが可能です。

View Detail

表情ジワに有効なプチ整形

美容整形

筋肉の動きを抑制し、おでこや眉間、目尻にできやすい表情ジワを解消するプチ整形がボトックス注射です。注射器での施術なので、手軽に受けられます。女性だけでなく、男性も施術を受ける方が多いプチ整形でもあります。

View Detail

手軽な注射のプチ整形

体

注射後の注意点

ボトックス注射は、「ボツリヌス毒素」を主成分とした筋弛緩剤の一種です。最近は「しわ取り」「小顔(えら)ボトックス」「ふくらはぎボトックス」などのプチ整形の需要が高まっています。ボトックス注射はメスを使わず手軽にできるので人気ですが、治療を受けるにあたっては注意すべき点がいくつかあります。主成分であるボツリヌス毒素には筋肉の働きを麻痺させる作用があるため、注射したあと3日ぐらいは筋肉の感覚がなくなるような感じを受けることがあります。しかし、一週間ぐらいするとその感覚に慣れてきます。注射をする際には、痛みがないようにあらかじめボトックスに局所麻酔を混ぜたものを注入します。その局所麻酔が効いている間はまったく痛みがないですが、人によっては麻酔の影響で軽い頭痛が出ることもあります。注射をしたあとのちょっとした赤みや内出血などは、3日〜一週間ほどで自然に消えてなくなります。ボトックス注射に大きな副作用の報告はほとんどありませんが、急性アレルギー反応のアナフィラキシーショックを受けたという事例が報告されています。しかし、これは今のところ一例だけであり、ほとんどの人は安全に治療を受けることができます。

筋肉の働きを弱める

ボツリヌス毒素は、神経から分泌される神経伝達成分「アセチルコリン」の働きを抑え、神経が筋肉に命令するのをシャットアウトします。神経から命令を受けなくなった筋肉は、しだいに収縮して動きが鈍くなっていきます。この性質を応用したのがボトックス注射です。ボトックス注射をすると、表情筋の働きでできる「表情じわ」ができなくなります。目じりのカラスの足跡、眉間の縦じわ、額の横じわ、口もとの梅ぼしじわなどに特に効果があります。えら筋にボトックス注射をすると、えらの筋肉が縮まり、小顔効果が得られます。えら骨を削る外科手術をしなくても、注射だけでえらをなくせるえらボトックスは人気の小顔プチ整形です。また、ふくらはぎに注射をして筋肉を縮めて美脚効果を得たり、口元に注射をしてガミースマイスを矯正することもできます。さらにアセチルコリンの影響で出る汗を止めることができるので、多汗症の治療にも使用されています。ほとんどの治療は注射をするだけなので、5分〜10分くらいで終わります。治療をしてから2日から3日ぐらいで効果を感じはじめ、約3か月から6か月ほど持続します。何度か注射を繰り返すと、効果が1年以上長持ちするようになります。ボツリヌス毒素を有効活用し、美肌を実現しましょう。

手軽な注射だけのプチ整形

注射

ボトックス注射は手軽に若返りやプチ整形ができる人気の注射です。しわができやすい部分に注射をするだけでしわができなくなり、ふくらはぎに注射すると足痩せができます。ダウンタイムもほとんどないですが、治療後は患部を触らないようにして過ごす必要があります。

View Detail

ボトックスの働きと種類

顔

注射だけでしわを消したり、顔を小さくしたりできるのがボトックス注射です。ボトックス注射はアメリカで生まれた筋弛緩剤の一種です。ボトックスといっても種類が沢山あるので、品質や安全性を考えて選ぶことが大切です。

View Detail