ボツリヌス毒素を有効活用|ボトックス注射の美肌効果を実感

女の人

ボトックスの働きと種類

顔

筋肉の動きを弱める

ボトックス注射は「しわ」「えら」「ふくはらぎ」「ガミースマイル」「多汗症」などの治療に用いられている、女性なら誰もが一度は聞いたことがあるであろう注射です。いわゆる「プチ整形」の一種で、体にメスを入れる必要がなく、注射だけで見た目を変えることができます。ボトックスは「ボツリヌス毒素」から抽出したエキスでできています。毒素とはいっても体には無害で、体内に入れても安全な成分です。ボツリヌス毒素には神経伝達物質をシャットアウトし、筋肉の動きを弱める働きがあります。そのため、表情筋によってできる「表情じわ」にとても効果があり、目元の小じわや口元のうめぼしじわなどをほとんどなくすことができます。普通、しわを取る場合はフェイスリフトなどの外科手術をする必要がありますが、ボトックス注射なら皮膚を切開したり縫合したりする必要がなく、しわのない若々しい顔だちになれます。筋肉を収縮させる効果もあるので、えらボトックスにも使用されています。えらボトックスとは、顔のえら部分にボトックス注射を打つプチ整形です。えらが発達していると顔が大きく見えますが、えらボトックスをするとえらがなくなり、シャープな小顔になります。

ボトックスの種類

顔にできるしわを手軽に消すことができるボトックス注射は、今ではどこの美容系のクリニックに行ってもできるほど人気です。ボトックス注射をしたあとはダウンタイムがないので、その日からメイクも洗顔も問題なくできます。ただし、腫れが長引く可能性があるので、血行が良くなる激しい運動や飲酒、入浴はできるだけ避けたほうが無難です。基本的に腫れや内出血が出た場合でも、3日くらいで元の自然な状態に戻ります。ボトックス注射と一言にいっても、いろいろな国や医療品メーカーから販売されていて、そのボトックスによって効果の出かたや持続性が異なります。もともとボトックス注射というのは、アメリカの医療品メーカーが開発したもので、そのメーカーのものは医療現場においてシェアナンバーワンを誇っています。他のメーカーからもリーズナブルなジェネリックのボトックスが沢山でていますが、思っていたような効果があまりないという報告があります。また、臨床データが少なく、安全性の上でも不安が残ります。ボトックス注射でのプチ整形を考えている場合は、そのクリニックがちゃんとアメリカの正規メーカーのボトックスを使用しているかどうかを確かめることをお勧めします。